×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

青汁三昧で健康生活ファンケル編

青汁三昧の健康生活を送っている私ですが、一番のオススメはファンケルの青汁です。ファンケルの青汁のサンプルはたぶんありません。ただし駅の地下街とかにあるファンケルハウスで1杯100円くらいで飲めるので味を試す事は出来ます。ファンケルの青汁はケールを原材料に使用していますが、無農薬栽培ではありません。ごく少量ですが農薬を使用しています。詳しくはファンケルのサイトで確認してみて下さい。通販で冷凍で購入して、夏はオレンジジュースなどで割って飲んでいます。粉末タイプもあるので、外出の多い人で青汁三昧生活を送りたい人はこちらをオススメします。コンビニでは確かローソンとスリーエフで売ってた気がします。スリーエフは神奈川限定かもしれませんが・・・。ファンケルの青汁は1番好きですね。

青汁三昧で健康生活キューサイ編

青汁三昧生活のきっかけになったのがこのキューサイの青汁でした。キューサイは、青汁の原料であるケールの栽培、青汁の製造、製法の管理に至るまですべて自社で責任を持って行っています。ひとくちに青汁といっても品質が違う、安心が違う、とキューサイは主張しています。キューサイのケールは無農薬栽培ですよ。スーパー野菜と呼ばれるケールを手間暇かけて育て、独自の製法で仕上げています。品質にゼッタイの自信を持っているから、何も加えず農薬・化学肥料不使用のケールを、しぼりたてのまま届けてくれます。しかしながらキューサイの青汁のまずさは際立っています。人によって感じ方は違うとおもいますけどね。私の青汁三昧生活のきっかけを作ってくれましたが、あのドブ臭さはどうしても馴染めませんでした・・・。ファンケルの青汁の方が私の口には合います。

青汁三昧で健康生活元祖青汁三昧編

青汁三昧な私ですが、この「青汁三昧」という言葉を商品名にしているのが大一商事の「青汁三昧」という商品です。通販とかテレビショッピングでたくさん売ってますので、ある意味1番メジャーです。青汁三昧に食物繊維が非常に豊富なことで現在たいへん注目されているオオバコ科のサイリウム種皮が最近加わりました。しかも青汁三昧なら2包で食物繊維3,000mgも補えてしまいます。原材料は「アク」や「臭み」のない飲みやすい青汁が出来るのが特長の「大麦若葉」を使用。そこにビタミンC、ミネラルが豊富な「ゴーヤ」、さらには今青汁の原料としてたいへん人気な「ケール」が入っています。「ケール」もビタミン、ミネラルが豊富でベータカロチンが多いのが特長の栄養価のたいへん高い野菜として知られています。「大麦若葉」「ゴーヤ」「ケール」という三大原料を贅沢に使用して作ったのがこの「青汁三昧」なんです。

Copyright © 2007 青汁三昧で健康生活!